ロゴ
ロゴ
top
会社情報
事業内容
事業拠点
在庫照会
品質・環境
採用情報
品質安全
side-bar
食品の安全安心
日水物流では、業務品質の国際規格である「ISO9001・2008年版」の認証取得をしています。「つくる人」と「食べる人」を繋ぐ「高品質なサプライチェーン機能」の構築を目指し、お預かりする貨物と設備の温度を徹底管理しています。


品質方針
1.
物流品質の圧倒的優位性を確立し、顧客のサプライチェーン構築に寄与する。
2.
「いつもニコニコまかせて安心」のスローガンを励行し、顧客満足を得る。


小売・卸売・メーカー各社さまの物流パートナーとして安心・安全を最優先に取組んでまいりました。
経験のみに頼ることなく業務品質をさらに向上させるため、継続的な改善サイクルの仕組みを構築しています。

また、お客様からお預かりした食品貨物の安全を守る為、ニッスイグループではフードディフェンス活動を推進し、監視カメラの運用をはじめ、館内への入退室管理や識別管理を実施しています。


免震設備と免震構造の自動倉庫により、東日本大震災時においても貨物の落下はありませんでした。
モニタリング
冷蔵室温度管理のモニタリング
(東京物流センター)
トレーサビリティ
物流センター内に設置した監視カメラの運用
(川崎物流センター)
監視システム
地震に強い免震構造の自動倉庫
(東京物流センター)
地球環境
 
企業の社会的責任(CSR)の一環として、環境管理の国際規格である「ISO14001・2004年版」を取得し、「自然環境の保全」と「サスティナビリティ(持続可能性)」の高い事業体質への転換を目指しています。
積極的な投資や設備運転管理の徹底を行い、CO2削減を実施。
2013年4月からは、東京物流センターにおいて太陽光パネルを敷設し、発電事業を開始しました。

 
環境方針
1.
企業の社会的責任(CSR)の一環として、自然環境の保全及び持続可能性(サステイナビリティ)の高い事業体質への転換を図る。
2.
そのために、地球温暖化ガスの抑制・省エネ・省資源・減廃棄物を強化し、人と環境に配慮した物流の仕組み造りと従業員一人一人の手による環境負荷低減活動に取組む。
 
モニタリング
太陽光パネルを敷設し、発電事業を開始
(東京物流センター)
トレーサビリティ
屋上の雨水を貯水し、水使用量を削減
(東京物流センター)
監視システム
自然冷媒を使用した冷凍機の導入
(川崎物流センター)
モニタリング
太陽光発電リアルタイムモニタ
(東京物流センター)
トレーサビリティ
庫内照明をLED照明に切替
(八王子物流センター)
監視システム
高効率照明への切替を実施
(伊丹物流センター)
事業内容
地球環境
事業内容
大阪地区の共同事業において環境省の補助を受け、自然冷媒を使用した前川製作所のNewton3000を導入しました。
下図は、自然冷媒冷凍機と従来型フロン冷凍機との消費電力、CO2排出量の比較です。
自然冷媒型冷凍機の導入消費電力・CO2排出量共に大幅な削減効果があります。
自然冷媒
 
自然冷媒型冷凍機とフロン冷凍機とのCO2排出量比較
冷凍機
 
自然冷媒型冷凍機
フロン冷凍機
効果
冷媒
 
NH3/CO2
R404A
消費電力量
KWH/年
1,174,269
2,512,936
-1,338,667
CO2排出量
トン・CO2/年
918.4
1,779.7
-861.3
事業内容
お問合せ プライベートポリシー cppy